無料のウェブサイト稼働時間ステータスチェッカー

私たちは、IsItWPの無料のWebサイト稼働時間ステータスチェッカーを構築して、Webサイトがダウンしているかどうかを分析する最良の方法を提供します。.


稼働時間とは?

稼働時間とは、Webサイトが利用可能で運用可能な期間を表すために使用される用語です。技術的には、ホスティングサーバーが中断することのない時間です。通常、稼働時間は、利用可能な合計時間のパーセンテージとして表されます。たとえば、「99.95%」.

理想的には、稼働時間は100%である必要があります。ウェブサイトが100%のアップタイムを受け取るためには、それはダウンタイムなしで24時間年中無休で利用可能でアクセス可能であることを意味します.

以下で、ウェブサイトの稼働時間の計算方法を見てみましょう。無料のウェブサイト稼働時間ステータスチェッカーがどのように機能するかを確認するために急いで進みたい場合は、, 頑張れ 代わりに.

ウェブサイトの稼働時間の計算

稼働時間は、Webホスティングサーバーが特定の期間中に利用できる時間数に基づいて計算されます.

ウェブホスティングサーバーの稼働時間の計算方法は次のとおりです。

Webサイトが利用可能な合計時間数を年間の合計時間数で割って100を掛けた値.

つまり、稼働時間=(利用可能な合計時間/年間の合計時間)x 100

例を見てみましょう。年間365日あることがわかっているので、時間で換算すると、365 x 24 = 8760時間になります。また、ダウンタイムが年間4時間の場合、計算は次のようになります。

(8756/8760)x 100 = 99.95%

ウェブサイトの稼働時間に影響を与える要因

ウェブホスティングサーバーの稼働時間に影響を与える可能性のある要因は数多くあります。

  • セキュリティの脅威
  • ハードウェア障害
  • 自然災害
  • ヒューマンエラー
  • バックアップディスクの破損
  • 停電

これが、100%の稼働時間を保証できるWebホスティングプロバイダーがない理由です。ただし、99.9%未満は信頼できないと見なされます.

さまざまなホスティングプロバイダーの稼働時間を比較するには、当社の完全なWebホスティングレビューをご覧ください。.

IsItWPアップタイムチェッカーの仕組み?

IsItWPの無料のWebサイト稼働時間状況チェッカーは、Webサイトがダウンしているかどうかを分析するのに最適な方法です.

稼働時間チェッカーの仕組みは次のとおりです。

1. URLをアップタイムチェッカーツールに送信します

ウェブサイトの可用性をテストするには、上のウェブサイト稼働時間ステータスチェッカーツールにサイトのURLを入力して、 ウェブサイトを分析 ボタン.

ウェブサイト稼働時間チェッカー

2.ツールがサイトの稼働時間を監視します

ウェブサイトのURLが送信されると、無料のウェブサイト稼働時間チェッカーツールがウェブサイトが利用可能かどうかをチェックします.

3.結果を得る

ウェブサイトの可用性テストの後、すぐに稼働時間ステータスの結果が得られます。同時に、テストしているサイトの次の詳細も確認できます.

ウェブサイトの可用性テスト

  • サイトの最新のスクリーンショット
  • サイトのタイトル
  • サイトがホストされているホスティングプロバイダー
  • ドメイン名のWhois情報

ウェブサイトのダウンタイムと結果

ウェブサイトのアップタイムの重要性を理解するために、サイトが数分間ダウンした場合に何が起こるかについて話し合う必要があります.

ダウンタイムがオンラインの評判を妨害する

潜在的な訪問者がウェブサイトにアクセスできなくなるほど、オンラインでの評判を妨害するものはありません.

あなたの顧客はあなたのウェブサイトが24時間稼働し続けることを期待しています。あなたのウェブサイトがダウンしているとき、それはあなたの聴衆の信頼を傷つけ、彼らはあなたのウェブサイトが信頼できないと見ます。停止が頻繁に発生する場合は、信頼できるWordPressホスティングプロバイダーに切り替えることが最善の方法です。.

ダウンタイムは、売上と収益を犠牲にします

ウェブサイトの停止は、直接、売上と収益の損失につながります。停止が続く限り、顧客は製品を購入できません.

あなたのSEOに影響を与える

ダウンタイムが頻繁に発生すると、ウェブサイトのSEOに悪影響を及ぼす可能性があります.

ダウンタイムが頻繁に発生すると、Googleはあなたのウェブサイトが信頼できないと判断します。明らかに、ユーザーに悪い体験を提供するため、信頼できないWebサイトにユーザーを誘導したくない.

私のウェブサイトはダウンしています。次に何をすべきか?

あなたのウェブサイトはあなたのために働いていませんか?

以下のステップバイステップガイドに従って、停止の理由を突き止め、サイトをオンラインに戻すだけです。.

自分を確認する–本当にダウンしていますか?

まず最初に、あなたのサイトがダウンしていると結論付ける前に、少し時間をかけて自分自身に質問する価値があります。?

無料のウェブサイト稼働時間ステータスチェッカーを使用することは、ウェブサイトが実際にダウンしているかどうかを確認するための最良の方法です。 Webサイトの可用性テストを実施するには、WebサイトのURLを指定して、 ウェブサイトを分析 ボタン.

それでおしまい!

URLが送信されると、システムがサイトにpingを送信し、サイトが利用可能かどうかを通知します.

あなたのサイトだけがダウンしている場合…

あなたのサイトは誰でも利用できますが、あなたは利用できません?

ウェブサイトにアクセスできない一般的な理由の1つは、DNSの問題である可能性があります。最近DNSを更新し、ローカルコンピューターでサイトにアクセスできない場合は、新しいDNSが場所で更新されているかどうかを確認することをお勧めします.

次のようなDNS伝播チェッカーに向かいます WhatsMyDNS.net DNSルックアップを実行して、新しいDNSが更新されたかどうかを確認します。チェッカーを使用すると、ドメイン名の現在のIPアドレスとDNSレコード情報を、世界のさまざまな場所にある複数のネームサーバーと照合できます。.

現在地でDNSが更新されてもサイトにアクセスできない場合は、ブラウザのキャッシュをクリアしてみてください。これにより、Webサイトの最新バージョンを確認できます.

サイトがダウンしている場合…

あなたのサイトは誰もが利用できるわけではありませんか?次に、以下のステップバイステップガイドに従ってください.

1. Webホスティングプロバイダーに確認する

ウェブサイトがダウンする理由はいくつかあります.

サイトのダウンについてウェブホストのカスタマーサポートに連絡してください。問題に気づいたら彼らに知らせ、サーバーに問題があったかどうか尋ねます.

疑わしいものがないかログを確認するようホスティングプロバイダーに依頼することもできます。評判の良いホスティングプロバイダーは、何か異常を見つけた場合は常にあなたを助け、それを修正するための提案さえ提供します.

頻繁に機能が停止する場合は、ウェブサイトを信頼できるWordPressホスティングプロバイダーに移行することを検討してください。.

ホストの稼働時間を確認する際の主な問題は、ホストの保証をテストする実際の方法がないことです。 Webホスティングプロバイダーが99.9%のアップタイムを提供すると言ったら、盲目的にそれらを信頼する必要があります.

ユーザー向けにこの問題を解決し、ウェブホスティングサービスがアップタイムの約束を守るかどうかを判断するために、主要なホスティングプロバイダーをすべて含むテスト用のWordPressサイトを作成し、それにダミーコンテンツを追加しました。このように、テストサイトは典型的なWordPress Webサイトのように見えます。次に、各サイトで、いくつかの異なるサーバーの可用性と速度のテストを実施して、サイトがピーク負荷時にトラフィックの急増を処理するのに十分であるかどうかを調べました.

また、地理的に異なる場所からのサーバー要求に各Webサイトがどのように応答するかを記録し、テスト中にダウンタイムがあったかどうかを分析しました.

信頼できるホスティングプロバイダーへの切り替えを検討している場合は、ウェブホスティングの完全なレビューを確認し、さまざまなホスティングプロバイダーの稼働時間を比較することを強くお勧めします.

2. Webサイトをスキャンしてマルウェアを検出し、修正する

サイトがハッキングされている、またはマルウェアが挿入されていると思われる場合は、無料のWordPressセキュリティスキャナーでWordPressウェブサイトをスキャンすることをお勧めします.

セキュリティのベストプラクティスに従うには、これも確認することをお勧めします 究極のWordPressセキュリティガイド.

3.ドメイン登録が支払われていることを確認します

最後に、ドメイン登録料が支払われているかどうかを確認してください。そうでない場合は、先に進んで料金を支払ってください。そうすれば、ウェブサイトをすばやくオンラインにすることができます.

以下は、登録料を時間どおりに支払うことを忘れないようにするためのいくつかのヒントです.

  • 自動更新を設定する:自動更新を有効にすることで、手間のかからない登録料の支払いが保証されます.
  • 数年前払い:自動更新を有効にしたくない場合は、数年前に支払う可能性があります.
  • 現在のメールアドレスを使用:現在のメールアドレスをドメイン登録事業者に必ず提供してください。これにより、すべての電子メール通知を時間どおりに受け取ることができます.

間違いなく、稼働時間は、サイトのWebホスティングプロバイダーを選択するときに確認する必要がある最大の要素の1つです。.

始めたばかりの場合は、Bluehostを選択することをお勧めします。これらはWordPressによって公式に推奨されており、無料のドメイン名、無料のSSL、WordPressホスティングの60%以上の割引をユーザーに提供しています.

今すぐBluehostを始めましょう!

Bluehostの完全なレビューを読むこともできます.

それで全部です。無料のウェブサイト稼働時間ステータスツールを気に入っていただけたことを願っています.

Jeffrey Wilson Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me
    Like this post? Please share to your friends:
    Adblock
    detector
    map