ショートコードはテーマに含まれるべきではありません。限目。

ThemeForest 最近 彼らを更新しました WordPressテーマ提出要件 WordPressテーマ開発のベストプラクティスに沿って、より厳格でインラインになる.


このガイドラインでは、WordPressのコア機能のいくつか、標準のテーマフックを使用する必要があり、実際に使用できるPHP関数(base64やfopenなど)を許可しない WordPressのテーマでこれまでにない場所 そもそも.

基本的に、WordPress.orgのほとんど テーマレビューポリシー, いくつかのものを与えるか取る.

全体として、それは正しい方向への一歩であり、 最も人気のあるWordPressテーママーケットプレイスの1つでベストプラクティスを宣伝する ネット上。問題は1つだけです…

許容されるショートコード

特に目を引いたのは、 特定の「許容される」ショートコード機能が許可された (つまり、テーマのfunctions.phpファイルから直接インクルードします)。 「許容」としてリストされているものには、次のものがあります。

  • ボタン
  • 価格表
  • 画像コンテナ
  • ドロップキャップ
  • リスト

許可されないショートコードには、マップ、アコーディオンとトグル、ボックス化されたコンテンツ、列、お問い合わせフォーム、グラフが含まれます.

テーマのショートコードの問題

私は本当にそれをよりよく置くことはできません ジャスティンタドロックはすでに持っています. 最も顕著な問題の1つは、ユーザーがテーマを変更すると、 ショートコードは解析されなくなります.

「Super Awesome」テーマに、

のように入力したときにリンク付きの大きな緑色のボタンを出力するショートコード機能があったとします"http://example.com"]大きな緑色のボタン[/ button].

大きな緑色のボタン

別のテーマに切り替えると(それに直面すると、人々はテーマに飽きやすくなります)、大きな緑色のボタンはなくなります。代わりに, 投稿に解析されていないショートコードが表示されます 次のような他のコンテンツと同じです。

大きな緑色のボタン[/ button]

見た目が醜く、混乱し、場違いであり、 ユーザーが戻って削除/交換するのが面倒 それらすべて.

テーマのショートコードに関するその他の問題

Tadlockが彼の「ショートコードの狂気に対処する」の記事で説明したことの1つは、多くのショートコードは非常にシンプルでHTMLに似ているため、ユーザーに少しだけ書き出すように指示することです(* gasp *)。 実際のHTMLコード.

同じ

上記の例の] Button Text [/ button]ショートコードは、 簡単に書き直される 次のようなものとして:

ここにボタンのテキスト

新しいテーマの.buttonセレクターをスタイル設定するCSSコードがない可能性がありますが、少なくとも通常のリンクが表示されます. これは大きな改善です 投稿のコンテンツに表示される解析されていない[ボタン]ショートコードの上.

さらに、すべてのWordPressユーザーが HTMLコードの少なくともいくつかの基本的な理解が必要です. それらを少しでも(リンクの構築方法など)教えることで役立ちます。ショートコードを理解できれば、基本的なHTMLを理解してもらうのにそれほど時間はかかりません。.

しかし、ユーザーは気にしません!

テーマの開発に関して、あらゆる種類の悪い習慣を守るために私が見ている共通の主張は、ユーザーが単に気にしないということです。つまり、多分彼らは彼らのテーマを更新したくないでしょう、その場合、これは ショートコードの問題は議論の余地があります.

問題は、一部のユーザー 必然的にテーマを切り替えたい いつか。一部のユーザーは、テーマ内の他の十分に検討されていないコードと競合する可能性のあるプラグインをインストールする必要があります.

次に、彼らはおそらく気にし、おそらく彼らが購入したテーマが何百もの組み込みショートコードやその他のもので不思議に思うだろう 余分な機能は本当に価値があった.

ショートコードを含める正しい方法

プラグインに入れます。本当にシンプルなプラグイン。個別のオプションパネルは必要ありません. 文字通りコピーして貼り付けます テーマのfunctions.phpファイルを介して含めるもの、および プラグインに入れる 代わりに.

次のようなものと一緒にバンドルすることもできます TGMプラグインのアクティブ化 テーマのアクティブ化で必要になるようにします。か否か。あ テーマはまだショートコードのないテーマです.

このように、ユーザーがテーマを変更すると、 ショートコードは引き続き機能します, その機能はまだアクティブなプラグインによって処理されるため.

多分プラグインは エンキュースタイル ショートコードも同様です。このように、

ショートコードに含めた大きな緑色のボタンは、使用されているテーマに関係なく、依然として大きな緑色のボタンになります.

ThemeForestが「許容される」ショートコードを許可した理由?

この決定の背後にある理由が正確に何であったかを言うのは難しいです。 EnvatoのWordPressエバンジェリスト(ThemeForestの親会社)であるJaph Thomsonがこれについて語りました WPMU.orgのコメント

複雑なショートコード機能は、テーマではなくプラグインに常駐する必要があります。ほとんどの著者が複数のテーマを持っていると考えると、それはちょうど意味があります.

明らかに、彼はそれを理解しています。だからそれは 「許容される」ショートコードが存在する理由 まったく。そして、はい、私は彼が上記の引用で「複雑な」という言葉を使用したことを理解しています。.

ショートコードのように単純な、 上で概説した問題はまだ存在します. ThemeForestはコミュニティのフィードバックに反応することが示されているため、このルールは将来修正される可能性があります.

結論

この投稿に気づきました 少し気難しい, そしてこれらの新しいガイドラインは間違いなく正しい方向への大きな一歩です。しかし、テーマにショートコードを許可する必要がある理由は、単純であるかどうかにかかわらず、実際にはありません.

公開されているテーマに独自のfunctions.phpを介してショートコード機能を絶対に含める必要がある状況を考えられますか?

— Theme Lab(@themelab) 2013年7月9日

スポイラー警告: 公開されたテーマに絶対に含める必要があるショートコードの実際の例を含むツイートへの応答が得られなかった.

それは ユーザーフレンドリーではない ユーザーが同じショートコードをサポートしていないテーマに切り替えた後、戻って何百ものボタンショートコードを置き換えるため.

Jeffrey Wilson Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me
    Like this post? Please share to your friends:
    Adblock
    detector
    map